何が違う?脱毛方法による違い

医療レーザーによる脱毛

脱毛クリニックと呼ばれるところがあるのですが、これはその名の通り病院です。施術は医師や看護師がやってくれるため、肌に異常が出た場合はすぐに対処してもらえます。
そして使われる機器は医療レーザーというものです。最大の特徴は、非常に強い出力で脱毛が行える点です。そのため短期間で効果を出したい、何年もサロンに通う時間はないといった人に向いています。ただし、頭に入れておかなくてはいけないのが、脱毛サロンで行うものに比べると痛みが強い場合が多いことです。一般的には肌に向けて輪ゴムを弾いた時のような痛みがあると言われています。それが施術中ずっと続くわけですから、痛みが苦手なら最初に試し打ちをしてもらうと良いでしょう。

レーザー以外の方法について

脱毛サロンに行くと、フラッシュ式という脱毛機器を使っているところがあります。これは患部に冷却ジェルを塗って、特殊な光を当てて毛根を破壊するというものです。レーザーに比べると痛みも少ないですし、施術した後にきちんと冷やしておけば、腫れや火照りもあまり出ないです。おまけに広範囲に照射できますから、腕や足なら比較的少ない回数で終わります。その反面、デリケートゾーンなどのピンポイントに当てて脱毛したい箇所には向いていません。加えて毛が生えてこない期間も短いため、こまめに通う必要があるのです。
自宅で行うなら、クリームやカミソリなどでも脱毛は可能で、こちらは圧倒的に安価ですみます。ただ、毛根までは取り除けないため、数日に一回くらいのペースでやることになります。

© Copyright Unwanted Hair. All Rights Reserved.