脱毛と何が違う?医療レーザーあれこれ。

医療レーザーの仕組み

医療レーザーは永久脱毛の方法の一つで、エステで受けられるフラッシュ脱毛に似ていますがレーザーの方が出力が強いです。医療用レーザーは医師資格がある人しか扱えないので、エステなどでは利用できません。
医療用レーザーの仕組みはレーザーが黒い色素に反応して毛穴から出ている毛にレーザーが集まって熱が発生します。その熱が毛だけでなく周辺にも広がっていき、毛を育てる毛母細胞も破壊するので一度脱毛ができれば再び生えてくることはありません。
レーザー脱毛は黒い色素に反応するので、肌が日焼けして黒い人などはレーザーを使用すると火傷の危険性があるので使用できない事もあります。また黒い色素に反応して毛を除去していくので、薄い毛には反応しない事もあります。

レーザー脱毛の施術とその後のケア

医療レーザー脱毛は施術時にある程度痛みが伴います。しかし同じ永久脱毛のニードル脱毛と比べると個人差はあるものの比較的痛みの少ない脱毛方法です。医療レーザー脱毛は一度で広範囲にレーザーを当てて脱毛ができるので、ニードル脱毛と比べて施術時間が短く済む分だけ費用は安く済みます。
レーザー脱毛の施術を受けた後は肌が弱くなっているので、普段よりも保湿する事と日焼けに注意する必要があります。入浴時は浴槽に入らずにシャワーだけで済ませて、クリニックで貰うクリームなどの塗薬は容量を守って使用します。
しっかりケアしていても脱毛した患部に強い痛みが出たり、腫れが出た場合は放置せずにすぐクリニックに相談しにいくべきです。

© Copyright Unwanted Hair. All Rights Reserved.